空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちがあーさーくんを組み立てとると知っちょるのは職場の数人。
じゃって、買うちょるところに偶然同僚がおったっちゃもん。

仕事が終わって、ごく若い同僚が言う、
「うちにもあーさーくんおるんです」
「お母さんが買ったっちゃろ?」
「・・・なんでわかるんですか???そうなんですよー」
うち、あんたのお母さん知っちょるも(笑)

それから、他の職員も交えてあーさー談義に。
歯を飛び散らせてアロンアルファのお世話になったっち話したらオオウケ。
そん子は、繋がった頚椎を持って、かっくんかっくん、あーさーくんを振り回して遊んでおったら、折れたそうな。

・・・折れたっち、あんた・・・。
「弁償せぇっち、お母さんが」
当たり前じゃろうなぁ。
「前歯もどっかいっちょるしー」
あんたのあーさーくんも歯抜けかい。
「おまけに、うちのあーさーくん、すきっ歯なんですぅ」
・・・かわいらしく言ってくれるじゃねえな。

うちのあーさーくんはそっ歯なんじゃけんどな。
同じように生産されてるはずのあーさーくん、なかなか個性がありそうじゃち。

もちろん、写メしてくるるように頼んで解散(笑)
あー、次に一緒のシフトになるんが楽しみじゃち♪
広がる、あーさーくんの、輪っ♪





追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/03/25 16:47】 | あーさーくん
トラックバック(0) |
ひばりの声が、する。
空高く響く声を聞くと、思い出すのは「家」

その家は木造で、中二階には私のための書庫があった。
一階には縁側があり、二階の廊下の窓からは屋根に下りれた。
私の部屋からは、土手が見えた、その上に広がる空も。

階段の暗がり。
長いこと使って擦り切れた、大事にされてきた絨毯の敷かれた居間。その模様。
中二階には、もう一つ小さな部屋があって、これは妹のためのピアノが置いてあった。
そこで、本を読むのが好きだった。

春。
温かそうな空と土手が窓の外に広がる。
温かなのは外で、家の中は寒い。
ピアノの椅子に腰掛け、着膨れた私は、すぐ後ろの壁に背中を押し付けて本を読む。
ひばりの声が聞こえる、ずっと。

灰色の雨の日も、ひばりの声は聞こえていた。
春の雨はしっとりと明るくて、私は好きだった。
本を読みながら、ひばりはどこに住んでいるんだろうと、ぼんやり思っていた。

思い出す、その春の家を。
薄暗くて、窓の外がとても明るくて、ひばりの声がして。
今はもう、私の家ではない、私の家。

土手の上から、その家を見る。
他の人の家。
きっと、においもなにもかもあの時ともう違う。

ここではひばりがなく、街中でも。
空を見上げても、その姿は見えない。


【2007/03/21 23:06】 | つぶやき
トラックバック(0) |
歯も治って定位置(?)に戻ったあーさーくん。

時々ちゃぶ台の下に隠れたりしちょるけんが、そういうのも安心して見とられる。
(もちろん、持ち上げてチェックはかかせんっちゃね)
じぇんぶ(全部)の歯を接着したわけではないので、無くなってしまう可能性はあるのじゃった。
小さな歯じゃけん、抜けたらすぐに探さんとなー・・・。


・・・もう一冊、2号を買おうかしらん。
そうして、歯の予備を確保しとこうかしらん。
そしたら、歯が無くなっても「歯抜け」にはならんっちゃ。の?

いやいやいや、この際じゃけん、もう一体、あーさーくんを作ろうかしら。
「なしかっ。骸骨は一個で十分じゃねぇなっ」
「えー。だって、あーさーくん一人じゃかわいそうだよー」
「かわいそくねぃわいっ」
と、それを聞いていた他の家人が、ぼそっと一言。

「おかんがおるけん、あーさーくん、淋しくないっちゃ」

あら。そんなぁ。うふ♪


追記を閉じる▲

【2007/03/17 22:23】 |
トラックバック(0) |
治りました、あーさーくん♪
不器用じゃけん、心配しとったんじゃけんど、どうにかこうにか外れない歯になったん。

アロンアルファに感動。
じゃってな、先っぽが細いんが付属品でついておって、それをチューブん先につけて使えるようになっとるん。
歯をはめ込む先の穴は小さいし幅は狭いし部品(歯)はちんまいし、ほんまこつ助かったっちゃね。
そんでも、気がついたら接着剤が手先についとって、かびかびになったけんど。


これで安心して定位置に戻れるっちゃねー。

こころなしか、あーさーくんもすっきりしたお顔になっちょります。
最後に、顎をかっくんかっくん打ち合わせて、もう外れる歯がないか確認。
念のため、逆さにも振って、かくかく。
よかよか♪

しかし問題が。
三号は、首から下の組み立てが始まるんね。
じゃっけん、ちゃぶ台の上に置けんごとなるん。
ここに(ちゃぶ台の上)にあーさーくんがおるん、気にっておるっちゃけんどなぁ・・・。


あ。


別々ってどうじゃろ?
首から下はまた別に作って、座れるようになったら、くっつけて座椅子を買ってきたらいいっちゃなかろうか???


追記を閉じる▲

【2007/03/16 10:51】 |
トラックバック(0) |
一晩家を空けて帰ってきたら、あーさーくんがいつもの場所(ちゃぶ台の上)におらんっちゃ。

まーたどっかにやってからっ(怒)
恐いっちゅうて、すぐにうちんあーさーをほかすんじゃけ。もーっ。

この前は、本棚の上に。
そん前は、洗濯物の山の中から。
なるべく目のつかんところに置いちょるのじゃった。

むう。
とはいえ、たぶんうちんPCの前にでん置いちょるじゃろうと、あんまり心配はせんかったんな。

それなんに・・・。

あーさーくん、ばらばらになってました。
ばらばらになって、小さな布籠(普段はアイロンをしまっておいちょるの)の中に、ちんまりまとまっておりました。

ひどいよぉ・・・。



追記を閉じる▲

【2007/03/14 13:59】 |
トラックバック(0) |


トーノ
うちのあーさーくんはおとなしくこたつの前で椅子に座っております。
まだあばら骨までしかありません。これからちょっとずつ成長していくはず(笑)。
でも、脳はちゃんと頭蓋骨に収まり、歯も欠けておりません。
なんだかまだ個性がなく、ほしのさんとこみたいに元気じゃないみたいです。ちぇ。

いらっしゃいませ。
ほしのそら
ううむ。元気。元気、というのでせうか、あれは。

実は、あーさーくん、まだ布籠の中におるのです。
なんで?っちゅうと、あー・・・。

歯が、ぼろぼろぼろっと、落ちるようになったんです。
何度差し込んでも、出来の悪ぅい差し歯のように、ぽろぽろぽろっ、と。

買ってきた○ロンアルファでくっつける予定です。
明日休みなんで、できたら復活のあーさーくんのことをかくですよ(笑)


コメントを閉じる▲
頭蓋骨のアーサーくん、あちこちに置いちょります。
「もー。恐いけん、やめてってー」という一部(か?)家人のクレームもなんのその、主におうちのちゃぶ台の上でごろんごろんしちょります♪
(ああ、なごむ・・・)

友人も買ったっち言うけん、写真交換してもらったん。
・・・なんか、違う。
うちのアーサー君より、恐い。
同じ型で同じように作ったはずなんに、友人のほうが理科実験室の人体模型のようで恐いんじゃち。
アングルが違う、ライトをあてた、と理由はいろいろあるけんど、一番の要因は、そう、
「作った人間が違う」

そん友達、めちゃ器用なのじゃった。
うちのアーサーくんみたいに、ソッパじゃないのだった。
整然とそろった正しい歯並び。
たぶん、彼の人のアーサーくんは、歯が抜けてどっかいったりはしないはず・・・。

【2007/03/11 14:39】 |
トラックバック(0) |
『アーサー君が教える 体の不思議』株式会社アジェット婦人画報社
TVCMも流れておったから、知っておる人も多かろう。
あの、人体模型を自宅で作っていくという週刊誌じゃち。
毎週、少しずつ骨の模型がセットされた週刊誌を買い、組み立てていくんね。
はじめは、頭蓋骨。
今、三号まで出ておるから、アーサー君は、頭蓋骨と右脳左脳、頚椎と肋骨の一部が出来上がってる状態。

私はまとめて一・二号を買ったん。
ここまでじゃと、頭蓋骨と歯と、左脳がそろう。
歯は、1本1本差し込んで作るけ、けっこう大変。
しかも私、不器用じゃけん、なんかちょっとソッパぎみに・・・。
頭蓋骨上部が取り外せるけん、おお、かの信長が作った頭蓋骨の杯ってこんなんっちゃ?とちょっと感動したり。
大きさは、三歳児くらいのもんじゃろうか。
全部できあがると110㎝というけん、そんくらいかなぁ。
かたっぽしか脳がないので、振るとカタカタ音がする♪
と、喜んでたら手が滑って、ぶんっと投げ飛ばしてしまったのじゃった。

・・・ひゃーっ

壊れんかったけんが、歯が。歯が何本か飛び散ってしもうたっ。
しかも前歯。ううむー。
そん時は無事に歯は見つかったんじゃけんど、そして無事に元通りになったんじゃけんど。
それ以来、ちょっと動かすだけで、歯がぽろぽろと抜けていくのじゃった。

歯抜けのアーサーくん。
可愛いけど。・・・けど。

接着剤でくっつけた方かいいかどうか、悩み中のワタクシ・・・。


追記を閉じる▲

【2007/03/11 14:34】 |
トラックバック(0) |
おためし(笑)ってことで。

なんじゃろね、うちん住むここらの方言は、きつい、らしいちゃわ。
うちらは普通に喋っておるっちゃけん、他ん県のしが聞くと、ものすご恐いらしいんっちゃ。
「もしかして、けんか???なんか怒ってる?」っち聞かれることん多いっちゃ。
別に―。怒っちょらんけん。

でん、確かにきつぅ聞こえるかもしれん。
特に海辺側ん方は、漁師んしが多いけん。
のーんびり話しちょったら、魚逃げよるけんなー。
ばっしばっし言うて、てごを動かす。
目利きんしがしっかりしとらんと、生活が成り立たんけんの。

じゃけん、畑うちよるばぁちゃん達ん話はいいっちゃ。
「ちゃらまー、どこ行きなー」
「あー、医者行きじゃー」
「おろろ、どげんしたんな。誰か悪ぃんな。」
「うんにゃぁ、どげんこげんねぇんちゃ、まんごのできたんよ」
「おろろろろっ!おめでとう!よかったじゃねぇな」
「ほんまこつ、ありがとう」
「きぃつけて行きんさいやー」
「はいはい、いっちくるわー」
「じゃぁのー」
「じゃぁのー」

<翻訳>
あらまぁ、どこにお出かけですか?
はい、病院へいきます。
あら。どうしたんですか?どなたか具合がわるいのですか?
いいえ、どうってことはないんですよ、孫が生まれたのです。
まぁまぁまぁっ!おめでとうございます。よかったですねぇ。
本当に、ありがとう。
気をつけていってらっしゃい。
はい、いってまいります。
では。
ではー^^

・・・どうでしょ?(笑)
そういえば、語尾に「・・・ちゃっ」ってつくことが多いっちゃけ、マンガの「ラムちゃん」みたい、と言われたことがあったっちゃ。
わっはっはっはっは。

【2007/03/01 09:19】 | 方言
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。