空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<注>本日の話題は、想像力の豊かな方にはお勧めしません。
ほしのは一度、感受性豊かな友人にこの話をして、気分を悪くさせたことがあります。

以下の記事は、自己責任において読まれますよう、お願いします。




夏が近づいてくると、温いもんが欲しゅうなる。
もともと、ほしのの嗜好はオカシイ、と友人どもには指摘されておったんじゃが、この「飲み物」に対するそれは、その最たるものであるらしいんな。

暑い(「あちい」と発音)んじゃけ、熱い(「あとぅい」と発音)もんは飲まれんけん、温い(「ぬりぃ」と発音)もんがいい。
そこでなんで冷てぇもん飲まんかなぁ、と言われるんじゃけんど、でん、お腹壊すじゃ?みんなそげぇな冷てぇもん飲んでお腹壊さんの?

温いビール、温い炭酸ジュースが好き、コップに入れて部屋に一日放置しとったんが一番飲み頃じゃろうか。
気の抜けたんを一口だけ飲むんがいいんっちゃな。
室温のトマトジュース(塩抜き)入れてから30分ほどたった紅茶。これはたっぷりいっぱい飲まるん。
麦茶も温いんがいい。
○カリスウェットの類には、お湯を入れて飲む。

口に入れたとき、「あ、温い」っち感じる温度がベスト。

お風呂の温度かなぁ?
・・・こらこら。飲まんよ、お風呂のお湯は。さすがに。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2007/06/30 20:36】 | 日常
トラックバック(0) |


みやっち
ほしのの好きな温度って生温かい温度、ということかな?人肌よりは高めの温度で。
ん~
ビールや炭酸系の飲料はほどほどに冷えているほうが好きです、私は。
食べ物は、あんまり熱々のものはダメみたいですが(猫舌)。

んだんだ。
ほしの
好意的なコメントをありがとうございます(_ _)

この話をすると、たいがいの上戸やビール党の皆さんからは「・・・うげ」とか、「信じらんね」とか言われるっちゃね。

なんっしょね。ちっちゃい頃からの嗜好なんじゃわ。
みやっちのサイトの美味しそうなアイスも、あれはワタクシ一口しか食べられんに。

ちなみに、ワタクシも猫舌です。
何事も、ぬるめー・・・(ああ、自分の人生を語っているようだ・・・)




コメントを閉じる▲
クルマを運転しよる時。お茶碗洗いしよる時。
よく、鼻歌しよる。
デッキまでつけて、一緒に気持ちよう歌う時もある。
歌は好きじゃ。
下手じゃけんど。音はずすけんど。

「それなんの歌?」っち、時々聞かれる。
我が家の一番若いのに。
そう聞かれる時に歌いよるのは、大概、小学校で習った歌。
「われは海の子」とか、「やしのみ」とか、「歓喜の歌」とか、「花」とか、「漕げよマイケル」とか、「オールドブラックジョー」とか。
題名を答えると、「へー」と一言。
「知らんの?」と聞くと「しらん」っち。
今の子は知らんちゃね、こんなん(笑)

逆に、これ、知っとう?と、歌ってくるることもある。
大方、知らんっちゃな(笑)
時々、知っておって一緒に歌える時もあるん。

今はリバイバル(リサイクル?)ちゃら言うて、うちん若い頃ん歌がまた流行ったりするけん、一緒に歌えてけっこう楽しい。
かたっぽが歌を、かたっぽが演奏(口でな)したりしてな。

うちん若いのんは、トイレで歌を歌う。
声を出すのが単純に楽しいんじゃろな、と思える歌い方しとって、密かに面白い。

親子じゃな、やっぱり、ちょっと音がはずれる(笑)






追記を閉じる▲

【2007/06/24 14:52】 | 雑感
トラックバック(0) |
都会の風は熱くてやりきれん、と聞くけんが。

南国の夏とはいえ、いつもかつも暑いっちゅうわけじゃねぇんで。
朝夕の風はひやひやと冷とうて、油断をすると風邪をひく。
夜明けには、山の麓に帯のように厚く霧が溜まるん、それはきれいじゃ。
空梅雨とは言い条、この時期の空気はどこかに水を含んで重く感じるんな。
木々の緑の色も一段落落ちついて水を含んでおるよう。
稲の若穂は天を目指す。
陽炎はまだたたんの、そこまで暑ぅはなっとらんけの。



闇に、蛍が舞う。
あちこちで「蛍まつり」なるもんが開かれとうが、うちはいかん。
人のクルマの灯りが、蛍の「灯火」を狂わせると知っとうけ。
(主催する人たちは、その場所のクルマの乗り入れを禁止したりしとるけんが)

わざわざクルマに乗って行かんといけんようなところまで、行きとうない。
道を作り、田畑を作り、木を切って山の形を変え、そこん生き物には十分迷惑かけちょるんじゃ、もうそれ以上迷惑はかけとうない。

もう少ししたら、夜明けにカナカナが鳴きはじめる。
木に草に、虫の抜け殻を見つける。
山に風が吹く、その木の揺らぎを見る。
海の色が濃くなる、港の縁の、すぐ足元の魚影を楽しめる。

遠くにいかんでも、ここでいい。
それでいいんじゃねぇんかなぁ。
そこにあるもんで。
自分が生きとう、ここで(笑)


追記を閉じる▲

【2007/06/08 22:20】 | 雑感
トラックバック(0) |

そこにあるもん
みやっち
そうですね。

私のところはいろんな山脈を眺められるとても景色のいいところです。
どこに行くのにもほどほどの距離なので、ついつい車を飛ばしてあちこちに出かけてしまいます。
自然の生き物たちは、そっと眺めるのが礼儀かな。

ところで、今更になりますが、
地震はいかがでしたか。
被害などなかったでしょうか。

ありがとう。
ほしの
被害もなく、その後も無事に過ごしておるです。
夜勤中に大きな揺れがきてヒヤリとしたけんが。
自分の家にいる時に地震がくるとは限らんもんね、心構えをしとかんば。

私は、あれこれ触るより、眺めるほうが好きなんね。
だから、こんなふうに感じてしまうんじゃろ。
「そっと眺める」というみやっちさんの気持ちは、撮る写真に現れておる気がする。
だから、好きなんかな(笑)



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。