空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜になると、ふわりと香るようになった。

ドングリの花の匂い。

ああ、やっと、夏の入り口が来た。

今年は遅かったな。


・・・まだ、ストーブなおせんけど(※)
ホットカーペットもまだ頑張ってくれちょるけど。


(※こちらの方言では、なおす→片付ける なのです^^)
若葉がつやつやと輝く。

柔らかそうで、んまそう。

毛虫の気持ちがわかる、夏の入り口(笑)


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/04/29 22:28】 | 自然
トラックバック(0) |
いつもは口数の多い男であるところの、我愛猫。

相変わらず、台所で尻高々(困惑)
無口で、尻高々。
男は黙って尻高々。

・・・一体なんなのよっ

と、思っちょったら。
「あー、それはハツジョウキだわ」と教えてくれるお方がおりまして。

え。
えええええ。

ハツジョウキ、って「発情期」ですか?

えー?????

いっちょん、うるそうないんじゃけんど。
待って待って!ご近所迷惑になるからっ!ちゅうような、あおあおあおあおああお(最大ボリュウム・リフレイン)はなし、なんじゃけど。

えーと。
それに、うちのん、去○済みなんですが。
○勢済みでも発情期になるんですか、そうですか。

ふーん。
そーか、発情期かぁ。そうだったのかー。
(ちょっと、がっかり←なんでじゃ!)


は。

あの、あの。
ワタクシにだけ、尻高々なんですがっ。
まさか、じーさん、ワタクシにはつjy・・・!!!!!




う、ぎゃ。



追記を閉じる▲

【2010/04/18 09:46】 |
トラックバック(0) |
窓を開けると、いつもより外が明るい。

雨の朝なのに。

桜が散り敷いて、地面が明るくほのかに光る。

雨が降っているのか、花びらが散っているのか。


雨は一日中降り続いた。

ぱらぱらと川面に波紋が散り敷く。

はらはらと桜が散っていく。

桜は一日中散り続けた。


静かな、春の一日。

【2010/04/11 21:47】 | 自然
トラックバック(0) |
ワタクシが料理を始めると、にゃごにゃごと台所にやってくるようになったじーさん(←我愛猫也)

以前は魚料理の時だけ、だったんじゃけど。
この頃は、なんの料理でもお構いなしにやってくるように。なしか。

んで、料理するワタクシの横で、とあるポーズをとるようになったっちゃ。

それは。
前足をやや縮め、後ろ足を伸ばして、お尻高々なポーズ。

微動だにせず、お尻高々。
そして、時折、ちらりとワタクシの方を見やる。

どうすりゃいいの???
てか、どうされたいの???

激しく悩むワタクシ。

とはいえ、夕餉の支度中なんで、そうそう構えず、尻高々なままほっとかれる、じーさん。
いつもは、そのポーズにも疲れるのか飽きるのか、ニャンとも言わずにいなくなるんじゃけど。

今日は、家人が出払っており、ワタクシ少し時間があったので、やってみました。



ちょい、っと。
じーさんの高々な尻を、軽く叩いてみたのよ。

したらば。
「に´ゃっ」と、非難の目つきで文句言うじーさん。

そのまま、ぷんぷんと(した雰囲気で)どこかに行ってしまいましたとさ。


なんなんでしょう?
なんなんなんでしょうか、あのポーズの、意味は。

ああ。

教えて、じーさん。



追記を閉じる▲

【2010/04/04 22:57】 |
トラックバック(0) |
その花の色は、白。

白木蓮のように、とろりとした柔らかな、白。
大きさは、大人の両の掌を軽く合わせたくらい。

花びらは、五弁。その先はふっくらと合わされて、その中に思うよりも強い、黄の色。
葉は、やや濃い緑色で花よりも大きく、長い楕円の形。
花を囲んでゆらゆらと下に垂れる。

香りはやはり白木蓮に似て、柔らかで甘く控えめ。

花は次々と咲いて、次々と散る。
木の下に散りしく花びらが土に還る。

きれいだ。

きっと、木蓮と同種なんだろうなぁ。
ああ、なんて名前でどこの国の生まれなんだろう。
知りたいような、調べたいような。

でも何も知らないまま、このままそっと、逢瀬を楽しんでいたいような・・・。

【2010/04/01 00:14】 | 自然
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。