空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あはははは。

そうだ、その手があったのだった。

なんと迂闊であったことか!

よし、窓全開してよろし。

よーそろー♪
ちゅかな。

カンカンに暑い毎日っちゃけんが、皆さん夏バテしとらんかな。

うちは南国生まれの南国育ちっちゃけ、これっくらい想定内の暑さじゃけ。

しかし、我が家の愛猫は毛ものじゃもんじゃけん、暑い(あてぃ、と発音)のは堪うるらしゅうてな。
あっちでペタリ。こっちてぺたりっち、身をなるべく広げて涼を求めておるっちゃ。

先だっての窓じゃけんど。
じーさんのために開かずの窓にはしたものの、ここは夏一番よく風が入るっちゃけん、用心しいしい開けてみたんな。

すると、そこには。
カンカンに熱くなった鉄材の屋根がありましたとさ。
(ところで「熱いトタン屋根の上の猫」という古い映画をご存知じゃろうか)

カシコのうても、これは降りんやろ、足裏焼けるやろ?っちゅう熱さ間違いなしの、カンカン熱々の屋根。

ワタクシ、満面の笑みで窓開放。
そして、夕方には閉じることにしましたとさ。


そして・・・


まだ明るい夕方の窓辺には。
なんとのう恨めしい顔の愛猫が、閉じられた窓の前で(小さな棚がある、その上で)寝そべるようになりましたとさ^^;


ダメ。

アケマセンヨ。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/07/25 00:21】 |
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
夏遠からじ。

てか。

雨がざんざんと降り、止んでは日が射し、また降りはじめ・・・を繰り返すこのところの我が南国。

ツバメはとうに子育てを終え、川や山には夏の渡り鳥が見られるようになりました。

そして、とうとう。

鳴き出しましたよ、蝉が。


あううう。
五月蠅い。

七月だけど、五月蠅い。

・・・・・・・。

そして、我が家にはあのちんまちっこい蟻もやってくるようになりました。

あー。
羽虫はね。相変わらず飛んできては飛んで去っていきます。
ええ、いろいろ。

でも蟻は(笑)
いつも一匹か二匹で来るの。
我が家にはあんまりうま味はないと知ってる模様。

でも毎日ふらふら~っとやってきてはあちこちして帰って(?)いきます。

ふと気がつくと手の上にいたりして。

この前は、机の上に置きっぱなの携帯電話の上を探索してらして、携帯に開いた穴からするりと中に入ってしまわれましてね。

・・・いや、慌てた。
そのまま出てこなかったらどうしよう、って焦った。
すぐ出てきたけど。
でもまた入っていって、今度はなかなか出てこなくて^^;

出てきましたけどね。
そのまま、お引き取りいただきました。
ふんって飛んでいただきました。

はぁ。

蟻って、勤勉なのはたくさん仲間がいるときなんですってね。
少ないと、あんまり働かないそうなんです。

我が家に来る、蟻さんたち。



どうやら遊びにきているらしい。


追記を閉じる▲

【2010/07/06 17:25】 | 自然
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。