空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その花の色は、白。

白木蓮のように、とろりとした柔らかな、白。
大きさは、大人の両の掌を軽く合わせたくらい。

花びらは、五弁。その先はふっくらと合わされて、その中に思うよりも強い、黄の色。
葉は、やや濃い緑色で花よりも大きく、長い楕円の形。
花を囲んでゆらゆらと下に垂れる。

香りはやはり白木蓮に似て、柔らかで甘く控えめ。

花は次々と咲いて、次々と散る。
木の下に散りしく花びらが土に還る。

きれいだ。

きっと、木蓮と同種なんだろうなぁ。
ああ、なんて名前でどこの国の生まれなんだろう。
知りたいような、調べたいような。

でも何も知らないまま、このままそっと、逢瀬を楽しんでいたいような・・・。







スポンサーサイト


追記を閉じる▲







スポンサーサイト

【2010/04/01 00:14】 | 自然
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。