空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪を、ひいたみたいなん。
喉の奥がイガイガっちなって、おろろ?っち思っておったら声がでらんごとなってな。
魅惑のかすれ声(うはははは)
しゃべるのに力がいるっちゃねー。

誰でん、風邪をひくパターンっちあるっちゃろうけんど(腹下しから・頭痛から・鼻水から)うちんは、喉奥のイガイガから。
このブログ読んでくれておられる方は容易に想像つくっちゃろうけんど、この「しゃべるんが大変」っちゅうの、うちには大変なストレスなんっちゃ!
特にこん日曜日は、年若の家人の運動会でな。(運動会っち言うと「体育祭」っちなおされるん、しゃらくさか。運動会は運動会じゃわ)
毎回大声で応援しちょるに、今年はできんごとある。

ここらでは、「走る」ことを「飛ぶ」というん。
「自動車が飛んでくる」っち、マジで言うんで(笑)
徒競走は「飛びくらこ」もしくは「飛びくらげ」
ここらでん、若い人はもうそげなこと言わんけんど、運動会じゃ、やっぱり「飛べーっ飛べーっ」ち、声援が「飛ぶ」
そげん人んに混じって「○○(←家人の名前)、飛べーっ飛ばんかーーーっ」っち叫ぶのがいいんに。楽しみなんに。

前夜弁当の下ごしらえを二時までして、当日もしっかり弁当をこさえ、すぐ近くの学校へ自転車で。
弁当の場所とりして、見学。
久しぶりに会うご父母たちに風邪を労わられながら、見よるとな。
ただただ、静かに見よるとな・・・。

ストレスが。
5月特有の日差しの強さと風の冷たさにさらされて、なんかなし寒気が。

他の父母その他じっちゃんばっちゃんの、「飛べーっ飛べーっ」の声援に唇をかみつつ、早々に帰るうち。
そんままぐったりと床についたのでありました。

くすん。
早く風邪を治そう・・・。




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
特にこん日曜日は、年若の家人の運動会でな。(運動会っち言うと「体育祭」っちなおされるん、しゃらくさか。運動会は運動会じゃわ)
毎回大声で応援しちょるに、今年はできんごとある。

ここらでは、「走る」ことを「飛ぶ」というん。
「自動車が飛んでくる」っち、マジで言うんで(笑)
徒競走は「飛びくらこ」もしくは「飛びくらげ」
ここらでん、若い人はもうそげなこと言わんけんど、運動会じゃ、やっぱり「飛べーっ飛べーっ」ち、声援が「飛ぶ」
そげん人んに混じって「○○(←家人の名前)、飛べーっ飛ばんかーーーっ」っち叫ぶのがいいんに。楽しみなんに。

前夜弁当の下ごしらえを二時までして、当日もしっかり弁当をこさえ、すぐ近くの学校へ自転車で。
弁当の場所とりして、見学。
久しぶりに会うご父母たちに風邪を労わられながら、見よるとな。
ただただ、静かに見よるとな・・・。

ストレスが。
5月特有の日差しの強さと風の冷たさにさらされて、なんかなし寒気が。

他の父母その他じっちゃんばっちゃんの、「飛べーっ飛べーっ」の声援に唇をかみつつ、早々に帰るうち。
そんままぐったりと床についたのでありました。

くすん。
早く風邪を治そう・・・。




スポンサーサイト

【2007/05/21 14:32】 | 日常
トラックバック(0) |

もう歳だから・・
みやっち
風邪ごときと、油断できません。(同い年だったよね?)
暖かくなってからの風邪は意外と治りのわるいもの。からだを冷やさずにゆっくり休んでください。

ところで、走ることを飛ぶって信州(ごく一部の地方だけかもですが)でも言いますよ!
かけっこのことを「とびっくら」と言うんです。
走ってきたというのも、「飛んできた」って言うし。
遠いのに近いのですね。
なにかうれしい。

はぁい(笑)
ほしの
そうですそうです、同い年(笑)

おかげさまで、少しずつ快方にむかいよります。
こん季節は、日差しは強いのだけど風は冷たい。特に午前中は。
午後になると、水も空気も温められて暑くなるんね。
体温調節が大変なん。
ここより北の、そちらはどうなんじゃろうか。
気をつけてくだんせ。

そちらでも、「飛ぶ」と言うん?
うわー。
飛ぶように走る、から、「走る」が「飛ぶ」になったんじゃろうか?
地の言葉(ここらでは方言のことをそう呼ぶ)は面白い。
懐かしくて、温かく感じるのは、自分がそれにくるまれて育ったっからじゃろうね。

遠いところで、同じ言葉を聞くと嬉しい。
なにか、近しい気持ちがするっちゃね^^


うさ子
方言は聞いているほうには楽しいかも。
うさ子の実家は北陸ですが、イントネーションがこちらとやはり違って・・・
うさ子もだいぶこちらの言葉に染まってきましたが、なぜか実家に戻ると
○○弁まるだしになります。不思議ですね。

風邪、早く良くなるといいですね。

うさ子はここ数年風邪らしい風邪をひかなくなりました。たまにだるい時とか
ありますが、以前は風邪を引いたなと思ったときは麺類にバンバン長ネギを
刻んでいれて食べていました。
今は九州のにんにく○○を飲んでいます。
へたに栄養ドリンク剤飲むよりはずっといいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
もう歳だから・・
風邪ごときと、油断できません。(同い年だったよね?)
暖かくなってからの風邪は意外と治りのわるいもの。からだを冷やさずにゆっくり休んでください。

ところで、走ることを飛ぶって信州(ごく一部の地方だけかもですが)でも言いますよ!
かけっこのことを「とびっくら」と言うんです。
走ってきたというのも、「飛んできた」って言うし。
遠いのに近いのですね。
なにかうれしい。
2007/05/21(Mon) 23:10 | URL  | みやっち #EBUSheBA[ 編集]
はぁい(笑)
そうですそうです、同い年(笑)

おかげさまで、少しずつ快方にむかいよります。
こん季節は、日差しは強いのだけど風は冷たい。特に午前中は。
午後になると、水も空気も温められて暑くなるんね。
体温調節が大変なん。
ここより北の、そちらはどうなんじゃろうか。
気をつけてくだんせ。

そちらでも、「飛ぶ」と言うん?
うわー。
飛ぶように走る、から、「走る」が「飛ぶ」になったんじゃろうか?
地の言葉(ここらでは方言のことをそう呼ぶ)は面白い。
懐かしくて、温かく感じるのは、自分がそれにくるまれて育ったっからじゃろうね。

遠いところで、同じ言葉を聞くと嬉しい。
なにか、近しい気持ちがするっちゃね^^
2007/05/22(Tue) 13:02 | URL  | ほしの #v3qYUmRM[ 編集]
方言は聞いているほうには楽しいかも。
うさ子の実家は北陸ですが、イントネーションがこちらとやはり違って・・・
うさ子もだいぶこちらの言葉に染まってきましたが、なぜか実家に戻ると
○○弁まるだしになります。不思議ですね。

風邪、早く良くなるといいですね。

うさ子はここ数年風邪らしい風邪をひかなくなりました。たまにだるい時とか
ありますが、以前は風邪を引いたなと思ったときは麺類にバンバン長ネギを
刻んでいれて食べていました。
今は九州のにんにく○○を飲んでいます。
へたに栄養ドリンク剤飲むよりはずっといいです。
2007/05/22(Tue) 21:36 | URL  | うさ子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。