空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞く度に、ちょっと嫌になる言葉がある。
数年前から耳にするようになったその言葉は、今では某○H○のアナウンサーが使っているから、すでに生活に溶け込んで、違和感を覚える私の方がオカシイのかもしれないけれど。
その言葉は、「やられる」

「その仕事をずっとやられていたのですね」
「なにをやられていたんですか?」
というふうに、使われている。
「ずっとなさっていたのですね」「なさっていたんですか?」が、正しい言葉使いだと私は思うのだけど、如何?

「やる」を丁寧に言おうとして「やられる」になったのかなぁ?
「やる」とは何かをすること。
その意味の「為す」を丁寧に言えばいいのだから、「為される」「為さる」でいいのじゃないかしらん。
「やる」というのはちょっと乱暴な、所謂「男言葉」(これ、差別用語?)だからと、私らは目上と話すときには、「~なさる」を使うようにと教えられた。
というか、私の読む本ではそうだった。
今でも、本の中では「やられる」という言葉は使われてないのではないかしらん。
(殺された、とか、喧嘩に負けたとかいう意味では使われているだろうけど)

今でも、この言葉を(きちんと教育を受けたであろう)アナウンサーが言うたびに、憮然と、「なさる!」と呟くワタクシ。

・・・これ、トシのせいかしら???
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
その言葉は、「やられる」

「その仕事をずっとやられていたのですね」
「なにをやられていたんですか?」
というふうに、使われている。
「ずっとなさっていたのですね」「なさっていたんですか?」が、正しい言葉使いだと私は思うのだけど、如何?

「やる」を丁寧に言おうとして「やられる」になったのかなぁ?
「やる」とは何かをすること。
その意味の「為す」を丁寧に言えばいいのだから、「為される」「為さる」でいいのじゃないかしらん。
「やる」というのはちょっと乱暴な、所謂「男言葉」(これ、差別用語?)だからと、私らは目上と話すときには、「~なさる」を使うようにと教えられた。
というか、私の読む本ではそうだった。
今でも、本の中では「やられる」という言葉は使われてないのではないかしらん。
(殺された、とか、喧嘩に負けたとかいう意味では使われているだろうけど)

今でも、この言葉を(きちんと教育を受けたであろう)アナウンサーが言うたびに、憮然と、「なさる!」と呟くワタクシ。

・・・これ、トシのせいかしら???
スポンサーサイト

【2008/05/15 00:09】 | 雑感
トラックバック(0) |


夏見
「なさってる。」とか、「されておられます。」なら、違和感ないですかね。
「やっておられます。」かー。うーん。
ちょっとくだけた感じで使われているのでしょうか。
ちなみにワタシは、イントネーションがすべて尻あがりになってるのが、許せません。


ほしの
私も気になります、それ(笑)
「~じゃないですかぁ?」と、同意を求めるでなく次々繰り出されると、うーん・・・って感じになるですよ。

・・・自分が気になるだけ、なんですけど。
なんで気になるかって考えた方が面白いかもしれませんね^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「なさってる。」とか、「されておられます。」なら、違和感ないですかね。
「やっておられます。」かー。うーん。
ちょっとくだけた感じで使われているのでしょうか。
ちなみにワタシは、イントネーションがすべて尻あがりになってるのが、許せません。
2008/05/15(Thu) 18:43 | URL  | 夏見 #-[ 編集]
私も気になります、それ(笑)
「~じゃないですかぁ?」と、同意を求めるでなく次々繰り出されると、うーん・・・って感じになるですよ。

・・・自分が気になるだけ、なんですけど。
なんで気になるかって考えた方が面白いかもしれませんね^^
2008/05/16(Fri) 20:45 | URL  | ほしの #v3qYUmRM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。