空と海と山と川と。のびやかに淡々と美しいものが溢れる世界。その片隅の、つぶやき。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時期に、晴れるのは珍しい。

空にかかる月は細く、するすると西空に消える。
何年ぶりじゃろうか、七夕の夜空が晴れるのは。
窓の外を見上げる。
この頃は、ここらも町の明かりが煩そうなって、星が見ずらくなってしもうてな。
それでも、空に星は光る。

正直、七夕にはもうあまり関心はない。
今夜晴れてよかったな、と軽く思うくらい。

若い頃を思いだす。
夜中、家を抜け出して川原に行き、空を見ておった。
夜は思いの外明るく、風は涼しい。
じっと見上げておると、たくさんの星が見えるようになる。
目が慣れるんね。
若かったから、いろいろと思うままにならないことに怒っておったように思う。
自分勝手な不満をいつも抱えて、毎日が楽しくなくて。
我侭な自分に縛られて、不自由で(笑)

・・・今は、少し自由じゃな。
少しは、大人になったんじゃろうか。
少しは、マシになったんじゃろうか。

自分の上にある夜空を、美しいと思える。
それは、変わらん。
そう感じられる自分を、幸せだと思う。

空はいつも美しい。
本当に美しいと、心から思えるものがすぐ側にある。
無償の、幸せ。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
窓の外を見上げる。
この頃は、ここらも町の明かりが煩そうなって、星が見ずらくなってしもうてな。
それでも、空に星は光る。

正直、七夕にはもうあまり関心はない。
今夜晴れてよかったな、と軽く思うくらい。

若い頃を思いだす。
夜中、家を抜け出して川原に行き、空を見ておった。
夜は思いの外明るく、風は涼しい。
じっと見上げておると、たくさんの星が見えるようになる。
目が慣れるんね。
若かったから、いろいろと思うままにならないことに怒っておったように思う。
自分勝手な不満をいつも抱えて、毎日が楽しくなくて。
我侭な自分に縛られて、不自由で(笑)

・・・今は、少し自由じゃな。
少しは、大人になったんじゃろうか。
少しは、マシになったんじゃろうか。

自分の上にある夜空を、美しいと思える。
それは、変わらん。
そう感じられる自分を、幸せだと思う。

空はいつも美しい。
本当に美しいと、心から思えるものがすぐ側にある。
無償の、幸せ。
スポンサーサイト

【2008/07/08 09:21】 |
トラックバック(0) |


夏見
星空みあげてたことは、なんももってなかったきがします。いまはほどほどもってるけど、やっぱり星たくさんの夜空をみあげるのはうれしい。お盆にけっこうみええますよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
星空みあげてたことは、なんももってなかったきがします。いまはほどほどもってるけど、やっぱり星たくさんの夜空をみあげるのはうれしい。お盆にけっこうみええますよね。
2008/07/30(Wed) 20:49 | URL  | 夏見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。